FC2ブログ
2015/08/06

私の投資方針

 私は今北海道に住んでおります。大学も北海道であり、就職も完璧な道内指向の学生だったので4年生の時は札幌に足を運び就職活動をしておりました。
 自分は正直優秀なわけではなく意識も高い学生ではなかったので10社、20社と面接で落とされ、手当たり次第に説明会に参加し、様々な企業の話を聞きに行ったことを覚えています。そんな時株式投資のためにとてもヒントになる会社に会いました。
 北の達人コーポレーション(上場コード2930)です。
 この会社の説明会では社長自らが講演し「昔ビリーズブートキャンプというものが流行ったがある程度時間が経つとすぐ忘れられてしまった。何故か?一度欲しい人が買ったらもうそれ以上売れないからです。我々は本当に良い物でかつ、購入していただいてから一ヶ月以内に使いきられてしまうものしか開発して売らない。だから定期的に購入され安定した収益を得ることが出来る。」とおっしゃっていました。

 この考え方は北の達人コーポレーションの投資家向けの情報にも記載されています。もしよろしければ参考までに。
http://www.kitanotatsujin.com/ir/message/index.php

 この考え方は会社が増収増益を重ね成長する、ひいては株価を上げる、それにつながる大事なポイントだと思います。

 そういう意味では家電メーカー、ソニー、東芝、パナソニック、シャープは勿論三菱電機や日立、自動車なども私は投資対象外だと思います。例えば東芝の冷蔵庫を買った場合1台購入すれば故障しない限り使い続ける物ではないでしょうか?自動車もしかり(車検があるのでまた違う部分もあるでしょうが)
 長く使える良い物を作れば作るほど安定した収益が見込めなくなる・・・この矛盾を永久に解決できない。
 だからこそ「ソニータイマー」という言葉が生まれるでしょう。
 
 さて、長くなりましたがまとめると、企業が利益出し、成長する、そのビジョンを最も分かりやすく理解出来るのは
お金をもらい定期的に消耗されている財・サービスを提供していること
これが一番大事なのではないでしょうか。そしてそれが本当に良い物なら必ずまた買いたい、また使いたいというリピーターが出来るわけで・・・
 ということで私は企業を見る際に定期的な収益を得られるか?というのを意の一番に考えるように心がけています。

スポンサーサイト



2015/07/14

私が株式投資を初めたきっかけ

 こんにちは。
 管理人です。
 皆さんは株式投資についてどう考えてますか?

 株式投資はざっくり言えば今後成長が期待できそうな会社にお金を入れ、しばらく待って成長したら売却して儲ける、というのが王道であり、株で儲かる概念として認識している人は沢山いると思います。

 しかし、大方の人は「どんな会社が今後成長するのか?どんな株が伸びるのか分からない・・・」というのが現実ではないでしょうか?
実は私も大学4年生になるまではまったくわからず与えられた仕送りのお金を消費するだけの生活を送っていました。
 ですがそのことに対して大きなヒントを得る転機が訪れました。
 そう、それはズバリ、就職活動です。

 だれだって沈む船の企業に就職はしたくない、安定を求めて少しでも良い企業に入りたい!皆さんは就活をする際にそういうことは考えませんでしたか?また、そのために受ける企業の事を本気で調べませんでしたか?(またはその企業に受かりたいために)

 残念ながら私はDラン大学のあんまり意識の高い学生ではなかったので(笑)、就職活動では40、50社と沢山応募してはお祈りを繰り返しました。
 しかし、沢山受け、沢山落ちたからこそ様々な企業のビジネスモデル、収益構造、強みに多く触れることが出来ました。

 私はその知識が乾かないうちに株式投資を初めるのが人生を逆転できるチャンスだと思い証券口座を開設しキャリアをスタートさせたのです。
 ソニー、シャープや東芝など日本を代表する大企業ですら今、苦しんでいます。
 これは単に経営者の能力不足だけが問題なのではないと思います。私は本質的にビジネスモデルの不安定さが最も大きな原因だと考えています。

 ではどういう企業が安定して利益を出すことができるのか?どんな企業が成長を期待できるか?そのことに対してこのブログが少しでも皆さんの投資のヒントとして役立つことが出来ればこれ以上の喜びはないです。