FC2ブログ
2015/11/27

これまでの合計損益を発表したいと思います。

 こんにちは。

 最近口内炎になってしまいましたgaogaoです。
 今年も約一か月でおしまいですね。 そんなわけで現在保有株の戦績を紹介したいと思います。

 日本株

 キャプチャ1127

 
 ご覧のように2124JACリクルートメントのみを300株保有しています。今日も9円上昇したので20700円 8.51%のプラスです。しかし、かなり乱高下が激しく全盛期はチャイナショック前の964円。それ以降下落から含み損にも転じたりとムチャクチャなので今後も余談を許さない株だと思います。まあ業績はきれいに右肩なのである程度は安心しているのですが。今年も株式分割に期待。

 以前は4358TYOも所有しておりましt。179円で300株204円程度で全部売却。配当金も1100円程度入ったのでプラス10000円程度入ったでしょうか?
 今230円を超えたことを考えると売却すべきではなかったかもしれません( 一一)ただ低位株なので少ない資金からでも買い付けることができるのは魅力ですよね。

キャプチャ4358_convert_20151127214052

かなり長いもみ合いからチャイナショック後上放れしていますね。
gaogaoの注目株です。


 続いて米国株
キャプチャnisa_convert_20151127220743

NISA枠で買った米国株やはりamazonが飛びぬけて強いですね一か月弱で11%伸びました。また、スターバックスが2株と表示されていますが以前3株持っていたのを売却したため5ドル程度儲かっています。
 マネックス証券の米国株の仕様上寄り付き前の価格が反映されてしまうため正確な数値が出せませんが約475ドル程度含み益が出ています。(相変わらずムーディーズはチャイナショック以降重いですが)


 続いて非NISA枠
キャプチャaxp_convert_20151127223330


 アメリカンエクスプレスェ・・・・|д゚)









 まあ投資一年目はこんなものでしょう。
 ではまた








 



 米国株は夜中に酒でも飲みながら(笑)


スポンサーサイト



2015/11/21

jacリクルートメント10月の月次集計もおおきく続伸

 こんにちは。gaogaoです。
 
 自分は札幌に住んでいるのですがこの時期でもまだ雪が降っていません。珍しい。もうすぐ2015年も終わり、なによりも冬のボーナスがもうすぐという時期なのにまだ秋、という感覚でいます。 
 まだ車のワイパーをめんどくさくて変えていないのですが(タイヤは交換しました ガソスタでw)

 さて日本株。JACリクルートメントがまたまた月次集計報告で大きな増収を報告しました。ここまで来ると最低でも売上高は大幅な上方修正、おそらく純利益も予想を遥かに上回るものとして間違いないでしょう。一部上場記念杯もありますしね。

キャプチャ_convert_20151121183547

JACリクルートメント月次売上高集計
jac売り上げ_convert_20151121190032

詳しくはこちら


 gaogaoがJACリクルートメントを買う理由

 1、理解しやすいビジネスモデル
 JACリクルートメントは人材紹介業がビジネスモデルの会社です。人材紹介業とは採用したい企業と求職者を結び付け、見事成約した場合に手数料を受け取る、といった形ともう一つ、求人広告業(求人を掲載し広告料をもらう、こちらの方が一般人にはわかりやすいのではないでしょうか?)を行っている会社です。

 2、在庫を持たないビジネスモデル

 このJACリクルートメントが扱っている商品は物ではありません。求職者にこんな人がいますよ、といった情報です。情報に価値をつけているのであり余分な在庫を持たない、借金や腐った在庫を処分するといった手間がかからないビジネスモデル、つまりは原価がほぼゼロと言えるビジネスなのです。よって赤字になりにくい。(過去派遣業も行っていたがリーマンショックにより派遣という在庫が重しとなり大赤字、派遣業から完全撤退しました)
 また、求職者の情報は常に変化し新しくなるため使っても使っても無くなってしまう。定期的に需要が発生するサービスなのです。(少なくとも私はこの会社は定期的に顧客企業から需要が発生していると確信しています。)
 企業が長期に渡り増収増益を続けるのに最も大事なのはいかに毎期毎期安定してリピーターを増やし積み上げていくか。がカギとなります。
 そのための条件として毎期毎期安定した需要が見込めること、顧客企業満足度が高くリピーター率が高いこと、そして増益のための新規開拓。この三つによってどんどん売り上げを積み上げていくビジネスモデルが効率的な方法なのです。
 私はJACはこれらの条件を満たしているからこそこれまで順調に増収増益を重ねてこれたのではないか?と考えております。
 
 3、予想PERが安い、ROE・ROA重視の株主還元意識が高い企業
 
 HPの社長の挨拶からROE・ROAを重視する経営方針を伺うことができます。これらを上げるには株主への配当、再投資、自社株買いなど何かしらの還元が必要不可欠です。(まあ、もともと原価が少なく少ない資産で稼ぐ人材紹介業、求人広告業はROE・ROAが高く出やすいでしょうけど)どれだけ良いビジネスモデルだとしても経営者に還元意識がなければ儲かりません。そういう意味では安心でしょう。
 もう一つヤフーファイナンスやマネックスの指標ツールでの予想PERは約17~18。月次報告から今期の売上の上方修正はもうまず間違いないでしょう。
 これを考慮すると現株価は16、ひょっとすると15を切る可能性もあるのではないでしょうか?これは競合のエンジャパンやSMS、ディップ等と比較し明らかに割安。成長性を考えるとPERは25ぐらいまではあってもいいのではないかと私は考えます。そこまで長期保有をしたいと思っております。

 JACのリスク

 株を買う以上リスクはあります。gaogaoが考えるリスクを紹介します。
 
 1、景気にもろに左右されるビジネス
 
 有効求人倍率に確実に左右される企業でしょう。現時点ではアベノミクスによる雇用の増加で儲かっていますがチャイナショックなどいつ景気にショックが起きるかは分かりません。ただこのJACリクルートメントは外資系や日系海外勤務、管理職採用など中途採用の優秀なビジネスマン用に大きくウェイトを置いており高級路線の企業です。景気は変動するとはいえ、今後のグローバル化で優秀な人材の需要は尽きないと思われます。gaogaoが考えるJACの強みです。

 2、参入障壁が低い

 原価ゼロで始められるビジネス、というと聞こえはいいですが裏を返せば誰でも始められるビジネス、ということが挙げられます。
 しかし、上でも述べたようにJACはグローバルな企業とコネクションが多くあり、競争優位性は高いと思います。また、参入障壁が低いからこそ株主への還元重視、株主との結束の強化を行いたい、といった心理があるのではないでしょうか?


 長くなりましたがgaogaoがJACリクルートメントに投資する理由について熱く語らせてもらいました。

 次回は2015年も終わりが近いですし収支の報告をしたいと思います。




 

2015/11/15

Amazon株を2株取得しました

 こんにちはgaogaoです。

 早速ですが、11/4からついに念願のAmazonを2株購入しました。!
 今年のAmazonは去年と比べて2倍以上の株価になっております。クラウド事業の大きな成長などによって爆発的に株価が上昇しているところです。
 私も買って半年も経たずに既に5パーセント近い含み益がでております。非常に強い上昇チャートでしょう。
 アマゾン

 ※アマゾン1年チャート

 しかし、アマゾンを買う際は注意しなければいけないことがあります。
 それはいくら売上高敵に成長を続けているとはいえ純利益はようやく久しぶりに黒字になったところであるというところです。
 アマゾンは長年に渡り利益よりも物流、在庫への膨大な設備投資により、送料の無料化、配達の異常なスピードを実現させてきました。そのために膨大な販売及び一般管理費がかさみ、近年の営業利益は赤字かギリギリの黒字という場所で推移しています。
 にも関わらず株価は一方的に上昇を続けております。想定されるPERは1000倍以上とも言われます。バブルどころの話ではないでしょう。これはもしアマゾンが将来的に利益を重視するようになり、その時に投資家の予想以上の利益が生み出せなかった場合一気に失望から株価が暴落する可能性も大きくあるということでしょう。
 そのことを頭の中に入れると、結論としてはアマゾン株は持っていないのだとしたら是非買っておいたほうがいいでしょう。しかし、アマゾンに全力で資金を投資するのは非常にハイリスクなのではないでしょうか?

 ちなみにアマゾンについて私がもう少し深く研究したことについて書くと、まず今年の黒字化、これは世界最大のクラウド、アマゾンウェブサービスの大きな貢献による黒字化の達成。逆に言えば本業のオンラインストアの方は相変わらず赤字なのでしょう。今年の黒字は想定外みたいなので今後減益の可能性も十分にあるでしょう。
 また財務に関して。米国株四季報によると2014年の自己資本比率は19.76パーセント。2015年も20パーセント程度でしょう。これは小売業界での投資対象としてはかなり低くて危険な部類に入るでしょう。しかし、アマゾンの負債の内訳は短期負債がゼロ、全て長期負債となっております。 (マネックス証券米国株ツールから)
 
 また流動比率が112パーセント(安全)当座比率が82パーセント(不安定)現金比率60パーセント(安全)となっております。(詳しくはこちら
 当座比率が低いのは気になりますが現金比率60パーセントとあるように、本業は小売業という消費者向け業種である以上、売掛、買掛ではなく現金決済が多いことが原因なのでは無いでしょうか?それを考えるといきなり資金がショートする可能性はひとまずは無いと考えております。

 長くなってしまいましたが要は魅力的な株を買いました。ということで。(変なまとめになってしまいました)

 
2015/11/05

SBI証券のFXとSBIFXトレードって違うんですね

 こんにちはgaogaoです。
 数週間前からSBI証券でFXを行っていたのですが最近気づいたこととしてSBIFXトレードと勘違いしていました|д゚)
 
 SBI証券FXでドル円スプレッドが0.5銭、ミニ米ドルの取引によって3万円をプラス1000円の3万1000円ぐらいにしましたがSBIFXトレードならドル円が0.27銭で取引することができるみたいですね。早速お小遣いサイトモッピーから広告をクリックし、情報登録を行いました。口座開設の案内が早く来ないかなと思っております。
 お小遣いサイトでFX口座やクレジットカードを作るとそれだけで3000から10000円くらいはノーリスクで儲けることができます。小粒といってはそれまでですが少しずつでも貯めることができるのでありがたいです。ちなみにgaogaoは貯めたポイントをamazonギフト券に換えて米を買いましたw

 


 東証マザーズ上場のセレスが運営するモッピー(gaogaoがよく愛用するサイト、口座開設や、カードの申し込みで2万5千くらいは儲けました)

 


 マザーズ上場のリアルワールドが運営するげん玉。こちらもgaogaoはよく利用しています。
 ほかにもお小遣いサイトは沢山あるのでせっかく口座開設やクレジットカードの申請をするのならこれらのサイトを経由したほうがお得に感じますよ。


 さてFXで儲けたことについて触れましたが、今回は株で書きたいことがあるのでまた別の機会で書きたいと思います。(FXはよく有り金溶かしたと話題になりますがレバレッジ3~4倍以内ならロスカットをされず利確ラインまでポジションを保持して入ればほぼ確実に勝てるという印象。まあ次の機会に)

 さて日本株gaogaoが唯一持っている、2124JACリクルートメントですが10月末に第三四半期決算報告、結果前年比純利益35.1%増の17億900万円、さらに一部昇格記念配当3円の増配と予想を遥かに上回る好決算となりました。
 gaogaoがこの企業を押す理由は人材紹介業の中でも一際輝く企業であると感じているからです。
 
 そもそも人材紹介業とは何か?
 
 分かりやすくいうと人を雇いたいという企業と就職したい、転職したいという人を結び付けて企業から紹介手数料をもらう、というものです。代表的な企業はリクルート、マイナビ、インテリジェンス等があります。(私も去年は新卒就職でお世話になりました)
 アベノミクスにより有効求人倍率の上昇、企業の採用意欲の上昇により今後伸びていくものではないかと思われます。また情報を売るコンサルタントという職業上、原価が少なく、粗利が高い、自己資本比率が高い、参入障壁が低いといった特徴があります。

 そんな中でなぜJACなのか?

 それはこの企業が他社人材紹介業と比較し外資系、日系海外勤務の仕事などグローバルな企業の採用に強いこと中途採用に特化し、管理職以上の採用を多く上げるなど量よりも質の高い案件を多くとり扱い、他と比較し高額な手数料、高い経常利益率を持っていることが特徴としてあるからです。(経常利益率約27%
 人口が減少しているとはいえ外資系や日系海外勤務をしたいというような優秀なビジネスマンの需要はむしろ増すとgaogapは考えております。そんな中で質の高い求人を多く取り扱うJACは競合他社に負けない力を持っていると考えております。

 そんなわけで11月以降は爆上げ間違いなし!   と思ったら

chartyahoocojp (2)


 大幅下落( 一一) 一体どうなってるんや