FC2ブログ
2016/05/28

イエレン議長が利上げを示唆するも米国相場は上昇。

 こんにちは。

 ついにオバマ大統領が広島を訪問されましたね。

 _89814773__89814446_89814443.jpg


 任期切れ寸前とはいえアメリカの大統領が被爆現場を訪れるというのは歴史的瞬間ではないでしょうか?

 一方で大韓航空の飛行機が燃えたという事件もありましたが。

 あと思ったんですがオバマってめちゃくちゃでかいんですね(´・ω・`)

 
 
 さて週末の日本株と米国株を貼りたいと思います。

 まず日本株
 
 IMG_0905[1]_convert_20160528155541

 米国のGDPの発表とイエレン議長の発言を控えて相場はほぼ横ばい、日経平均はプラス0.37%の上昇に留まりました。

 そんな中カカクコムもJACも上げ下げを繰り返し結果微増という形で引けとなりました。

 またその後安倍首相が消費税増税の再延期を発表しました。一消費者としてもこれは嬉しいですよね。日本の相場にも若干の安心が今後広がるのではないでしょうか?

 
 そして金曜米国相場。

 0528米_convert_20160528160935

 米国四半期実質GDPは予想0.9%に対し結果0.8%とほぼ予想通り。ほとんど市場に影響はありませんでした。しかしその後イエレン議長の利上げ示唆発言に反応し為替相場はドル買い円売りへ。1ドル110を越えました。

 しかし米国相場は下がるかと思いきや上昇。gaogaoの保有株もアマゾンとスタバが若干下がったものの、アルファベットが約1.2%上昇。ムーディーズ1.2%、ビザが0.84%と高い上昇をし含み益を引き上げてくれました。(^◇^)
 
 マイナス金利で株価を上げようとする日本と利上げで金融を引き締めようとする米国。

 しかし金融緩和とは本来不況だからするものであり、金融の引き締めとは好況だからするもの。
 米国の利上げは一時的には相場を下げるものの、米国の経済の強さを改めて証明するものでありやはり米国への投資は金持ちになるための大きな近道と言えそうですね。


 それでは

 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント