FC2ブログ
2015/08/20

JAC 東証一部決定!

 更新遅れました。
 中国の株価の激しい動きと株に対する不信、天津大爆発など外部環境が非常に悪いですね。
 しかし自分の持っているJACはなんとジャスダックから二部を飛ばし一部へ昇格、市場変更決定後何故か下落を受けながらもついに大きく値を上げて来ました。750円前後だった時代が懐かしい(笑)
 人材紹介業。就職したい人と採用したい企業を結びつけ手数料を貰うというビジネスモデルですがなかでもJACは転職者を中心に外資系、海外勤務企業、管理職以上など高額案件を大きく持つのが特徴です。

 私は去年まで就活生だったのですが、その時にある人材紹介を立ち上げた社長が会社説明会で我々就活生に熱く語ったことを今でも覚えています。

「人材ビジネスというのはズバリ原価がゼロ!ですので絶対に借金で倒産することはなく安定しています!」
 原価がゼロ!なぜこのようになるかというと物を仕入れて売るというビジネスモデルというものではなく情報を売っているビジネスモデルだから、ということだそうです。

 なるほど。原価が低いということは自己資本比率が高く財務体質が健全、利益率が高く、ROE(自己資本利益率の意。いかに株主から集めた資金から利益を生めるかを測る指標)が高く出やすい。
 反面参入障壁が低く競争激化になりやすい・・・と私は考えております。となると売っている情報がいかに良い物であるか?が勝敗を分けるカギだと思います。
 そういう意味でも外資系や日系海外勤務、管理職以上の即戦力などエリートビジネスマン向けの高給求人を多く載せ高額手数料を多く取れるJACは今後とも競争優位性が高い企業であると私は信じています。

 今後も一部昇格に甘んじることなく躍進してほしいものです
 がんばれ!JACリクルートメント!

 
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント