FC2ブログ
2015/11/21

jacリクルートメント10月の月次集計もおおきく続伸

 こんにちは。gaogaoです。
 
 自分は札幌に住んでいるのですがこの時期でもまだ雪が降っていません。珍しい。もうすぐ2015年も終わり、なによりも冬のボーナスがもうすぐという時期なのにまだ秋、という感覚でいます。 
 まだ車のワイパーをめんどくさくて変えていないのですが(タイヤは交換しました ガソスタでw)

 さて日本株。JACリクルートメントがまたまた月次集計報告で大きな増収を報告しました。ここまで来ると最低でも売上高は大幅な上方修正、おそらく純利益も予想を遥かに上回るものとして間違いないでしょう。一部上場記念杯もありますしね。

キャプチャ_convert_20151121183547

JACリクルートメント月次売上高集計
jac売り上げ_convert_20151121190032

詳しくはこちら


 gaogaoがJACリクルートメントを買う理由

 1、理解しやすいビジネスモデル
 JACリクルートメントは人材紹介業がビジネスモデルの会社です。人材紹介業とは採用したい企業と求職者を結び付け、見事成約した場合に手数料を受け取る、といった形ともう一つ、求人広告業(求人を掲載し広告料をもらう、こちらの方が一般人にはわかりやすいのではないでしょうか?)を行っている会社です。

 2、在庫を持たないビジネスモデル

 このJACリクルートメントが扱っている商品は物ではありません。求職者にこんな人がいますよ、といった情報です。情報に価値をつけているのであり余分な在庫を持たない、借金や腐った在庫を処分するといった手間がかからないビジネスモデル、つまりは原価がほぼゼロと言えるビジネスなのです。よって赤字になりにくい。(過去派遣業も行っていたがリーマンショックにより派遣という在庫が重しとなり大赤字、派遣業から完全撤退しました)
 また、求職者の情報は常に変化し新しくなるため使っても使っても無くなってしまう。定期的に需要が発生するサービスなのです。(少なくとも私はこの会社は定期的に顧客企業から需要が発生していると確信しています。)
 企業が長期に渡り増収増益を続けるのに最も大事なのはいかに毎期毎期安定してリピーターを増やし積み上げていくか。がカギとなります。
 そのための条件として毎期毎期安定した需要が見込めること、顧客企業満足度が高くリピーター率が高いこと、そして増益のための新規開拓。この三つによってどんどん売り上げを積み上げていくビジネスモデルが効率的な方法なのです。
 私はJACはこれらの条件を満たしているからこそこれまで順調に増収増益を重ねてこれたのではないか?と考えております。
 
 3、予想PERが安い、ROE・ROA重視の株主還元意識が高い企業
 
 HPの社長の挨拶からROE・ROAを重視する経営方針を伺うことができます。これらを上げるには株主への配当、再投資、自社株買いなど何かしらの還元が必要不可欠です。(まあ、もともと原価が少なく少ない資産で稼ぐ人材紹介業、求人広告業はROE・ROAが高く出やすいでしょうけど)どれだけ良いビジネスモデルだとしても経営者に還元意識がなければ儲かりません。そういう意味では安心でしょう。
 もう一つヤフーファイナンスやマネックスの指標ツールでの予想PERは約17~18。月次報告から今期の売上の上方修正はもうまず間違いないでしょう。
 これを考慮すると現株価は16、ひょっとすると15を切る可能性もあるのではないでしょうか?これは競合のエンジャパンやSMS、ディップ等と比較し明らかに割安。成長性を考えるとPERは25ぐらいまではあってもいいのではないかと私は考えます。そこまで長期保有をしたいと思っております。

 JACのリスク

 株を買う以上リスクはあります。gaogaoが考えるリスクを紹介します。
 
 1、景気にもろに左右されるビジネス
 
 有効求人倍率に確実に左右される企業でしょう。現時点ではアベノミクスによる雇用の増加で儲かっていますがチャイナショックなどいつ景気にショックが起きるかは分かりません。ただこのJACリクルートメントは外資系や日系海外勤務、管理職採用など中途採用の優秀なビジネスマン用に大きくウェイトを置いており高級路線の企業です。景気は変動するとはいえ、今後のグローバル化で優秀な人材の需要は尽きないと思われます。gaogaoが考えるJACの強みです。

 2、参入障壁が低い

 原価ゼロで始められるビジネス、というと聞こえはいいですが裏を返せば誰でも始められるビジネス、ということが挙げられます。
 しかし、上でも述べたようにJACはグローバルな企業とコネクションが多くあり、競争優位性は高いと思います。また、参入障壁が低いからこそ株主への還元重視、株主との結束の強化を行いたい、といった心理があるのではないでしょうか?


 長くなりましたがgaogaoがJACリクルートメントに投資する理由について熱く語らせてもらいました。

 次回は2015年も終わりが近いですし収支の報告をしたいと思います。




 

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント