FC2ブログ
2016/02/06

米国の雇用統計悪化 amazon、アルファベットの下げ止まらず!

 gaogaoです。
 さて週末になり今週も終了しましたね。世界の経済だけではなくやはり日本株でも米国株でも決算時期というのもあり動きが荒い週だったのではないでしょうか?某社会主義国が衛星の打ち上げ予告も行っていますしね(笑)

 日本株は日経平均はマイナス1.32%と下落しましたが、gaogaoのJACは26円プラス、ファンコミはプラス10円で取引を終えました。半面カカクコムは59円マイナスと木曜日に引き続き大きく下がってしまいました。しかし木曜日よりはプラスで終えなんとか踏ん張っているといったところでしょう。

 反面米国は厳しいですねー。雇用統計が発表され、失業率が下がり賃金も上昇も、雇用者数があまり振るわなかった事、アンド利上げへの強い警戒感。原油価格は31-32ドル台と何とか横ばいだったものの大きく株価は下落、gaogaoの銘柄も大きく大ダメージを食らってしまいました|д゚)

 ダウが1.29%マイナス、SP500がマイナス1.85%マイナス、ナスダックが3.25%マイナスとありますが、gaogaoのメイン銘柄の下落はそれを大きく上回ってしまい実質的にはそれどころの下げではないような体感を感じました。

まずはamazon。相変わらずですね(笑)保有している方も多いのではないでしょうか。あっさりと昨日の上昇をぶち破り6パーセント安。どこまでいくのでしょうか。続いてVISA、2.9%とこれまたダウやSP500を上回る下げとなりました。そしてアルファベット、マイナス3.45%となりました。

 他は2,3株ずつの小粒銘柄ですが、ムーディーズマイナス3.91% アメックスマイナス0.74% スターバックスマイナス6.52%となりました

 個人的には粘り強く下落と戦っていたスターバックスの下げが精神的にきついですね。
 それともう一つ感じたことは小粒の保有株は一つ一つが3万円程度の投資であり仮に株価が倍になっても3万しか儲かりません。
 
 それならばその株を全て売って本命のビザを買増し、集中投資した方が効率がいいのではないか?と最近感じております。
 損切は痛いですが、大きく儲けるためには数銘柄に絞って勝負にかけることの方が大事。
 改めてポートフォリオを見直さなければいけないのかもしれません。  ではまた
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント